Pocket
LINEで送る

アフィリエイトで使えるネット銀行オススメ4つ厳選して紹介しています。

アフィリエイトで使っているネット銀行のカードの画像
アフィリエイトでネット銀行選ぶなら住信SBIネット銀行か新生銀行

アフィリエイトやアドセンスでは報酬が発生し確定した後、報酬を振込む為の銀行口座が必要になります。

すでに持っている銀行口座を使いたいという人で、ネットで振り込みを見ることが出来る銀行口座をお持ちであれば、それに越したことはありませんが…

本業の銀行口座と、アフィリエイト用の銀行口座を一緒に使おうと思っている場合は、分けておいたほうが無難です。※確定申告をするときに便利です。

また、仮に今いくつかの銀行口座を持ってるし大丈夫!と言っても、ネットに対応していない銀行の場合は、経験上、小さなデメリットもあります。

ここでは、アフィリエイトするなら、オススメのネット銀行(ネットバンキング)を4つを紹介しているので、是非参考にしてみてください。※いずれも、口座維持手数料(年会費)は無料です。

アフィリエイトで使えるネット銀行オススメ4選|それぞれ実際に口座を持っているので比較してみる

自分が実際にアカウントを持っているネット銀行の中で、アフィリエイトで使えるネット銀行は以下の4つです。実際に持っていると言っても、僕が使っているのは住信SBIネット銀行のみです。

  • 住信SBIネット銀行
  • 新生銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行

とりあえず、この4つのネット銀行のうち、どれか1つをアフィリエイト専用の銀行口座として持っておくことをオススメします。

住信SBIネット銀行【実際に使ってる】

住信SBIネット銀行は、実際に僕が使っているネット銀行です。以前は、コンビニのATM手数料が常に無料だったのですが、スマートプログラムという会員ランク制度が導入され、手数料無料回数が制限されるようになりました。

住信SBIネット銀行の画面の画像
住信SBIネット銀行の画面の画像

多少の改悪はあったのですが、未だに使いやすいネット銀行です。

会員ランクによっては、最大、月に15回はATM手数料が無料になるので、頻繁にお金をおろさないという方であれば、特に問題なく使えると思います。

住信SBIネット銀行の実際の管理画面の画像
※画像は実際の管理画面。僕の場合は、引き出すことは、それほど多くなく預金残高も300万円以上はないので、常にランク2です。ランク2だと月5回はATM手数料は無料。

また、住信SBIネット銀行をアフィリエイト専用の口座として、おすすめ出来るポイントとしては他にも、3つあります。

  • 入金・出金などの送金行為が行われるたびにリアルタイムでメールを送ってくれる
  • アフィリエイトで稼いだお金で投資(株)を始めるときにSBIグループの銀行口座を持っていれば何かと便利
  • 住信SBIネット銀行であれば、アフィリエイト報酬を1円から振り込んでくれるASPがある

入金・出金などの送金行為が行われるたびにリアルタイムでメールを送ってくれる

住信SBIネット銀行では、入金・出金の送金行為がある都度、以下ようなメールを送ってくれます。

住信SBIネット銀行の取引メールの画像
住信SBIネット銀行の取引メール

僕の場合は、お金をおろす時は銀行ではなく、セブンイレブンやローソンのATMでおろすので、このようなメールが来ます。

何か怪しい送金行為があった場合にはすぐにメールで知らせてくれるので安心です。※もちろん、今まで一度も怪しい送金などはありませんでした。

アフィリエイトで稼いだお金で投資(株)を始めるときにSBIグループの銀行口座を持っていれば何かと便利

住信SBIネット銀行のグループには、SBI証券があります。

SBI証券の画像
SBI証券

現在は株式投資についてに勉強中ですが、もう少し、まとまったお金をためてSBI証券で株式投資(インデックス投資)を始めてみようと思っています。

※特に証券会社の中でも、インデックス投資を始めるには、SBI証券は品揃えが豊富で初心者にとっては、かなり良いと言われています。

同じグループのネット銀行と証券会社となるので、SBI証券で取引がある場合には、↑でも述べているスマートプログラムのランクが上がり、ATM手数料無料回数も増やすことが出来ます。

住信SBIネット銀行であれば、アフィリエイト報酬を1円から振り込んでくれるASPがある

もしもアフィリエイトなどの一部のASPでは、住信SBIネット銀行の銀行口座を持っていると、アフィリエイト報酬が1円以上確定すれば振り込んでくれる仕組みになっています。

もしもアフィリエイトの画像
住信SBIネット銀行だと、もしもアフィリエイトの報酬が1円から振り込みが可能

住信SBIネット銀行以外の銀行を登録している場合、もしもアフィリエイトでは、通常は1,000円以上の報酬確定で振り込みされるようになっています。

なので、成果が上がったアフィリエイト報酬を早くほしいという方には、オススメです。

口座開設はこちら(住信SBIネット銀行の公式サイトへ)

※新規登録の場合は無条件でランク2からスマートプログラムが始まるため、初月はATMご利用手数料無料回数が5回までOKです。

新生銀行【今から作るなら、絶対おすすめ】

新生銀行はネット銀行では、元々ありませんが、紹介しているネット銀行の中では、唯一、リアル店舗の窓口がある銀行です。口座開設後のネットバンキングの設定が、すごくめんどくさかったので、結局使ってはいませんが…

新生銀行の画像
アフィリエイト用のネット銀行でこれから作るなら新生銀行がオススメ

新生銀行のATM手数料を見ると、セブン銀行、Enet、ローソンATM、イオン銀行は24時間365日【出金・残高照会】・【預入】が0円なので、めちゃくちゃ良いことに気づきました。

新生銀行の提携ATM表の画像
新生銀行の提携ATMは無料になるところが多い

確か、昔はこんな感じではなかったはず…

ちなみに、下記のように毎月、電子お取引レポートというメールが届くようになっています。

新生銀行の電子取引レポートの画像
新生銀行の電子取引レポート

新生銀行は、かなり見落としていましたが、ATM手数料の無料の対象範囲が広く、住信SBIネット銀行よりも良さそうですね。

これから、ネット銀行を作るなら、まずは新生銀行が良いと思います。

口座開設はこちら(新生銀行の公式サイトへ)

楽天銀行

楽天銀行もネット銀行を作っておくなら、名前が挙がってくるネット銀行でしょう。

楽天銀行の画面の画像
楽天銀行は微妙

個人的には、2014年~2015年にあった楽天銀行の口座一斉凍結のイメージのせいで、楽天銀行のアカウントは作成しましたが、結局、口座凍結が怖くて使っていません。

参考:楽天銀行、突然の口座凍結続出に批判殺到!(2015.11.11)

楽天銀行の口座一斉凍結の理由は、ハッキリと公式で発表されていたわけではありませんが…

当時、流行っていた特殊詐欺(オレオレ詐欺や架空請求詐欺)にネットバンキングが使われており、シェアを大きく獲得していた楽天銀行が、そういった特殊詐欺に使われていたのではないかということが言われていました。

その為、疑わしきものはすべて罰するという意味合いか分かりませんが、一斉に口座凍結が行われたと言われています。

ATM手数料が無料じゃないのもデメリット

楽天銀行の場合は、↑で紹介している住信SBIネット銀行と違い、ATM利用手数料がかかってしまいます。

※厳密に言うと、手数料無料の会員ランク的なものは楽天銀行でもありますが、口座残高10万未満は対象外で、仮に10万円以上あっても、月1回のみだったりします。

また、振込手数料を楽天スーパーポイントで払えるというメリットとも言えないメリットもありますが、楽天アフィリエイトで稼いだ報酬が楽天銀行の手数料で消えてしまうのは、何か釈然としない部分もあり、僕は楽天銀行は使わないという決断に至りました。

実際に、下記の画像は自分の楽天銀行の画面ですが、2014年の6月にログインして以来、ログインしていないことが、この記事を書くときに判明しました。

楽天銀行の管理画面の画像
楽天銀行は結局使わず

口座開設はこちら(楽天銀行の公式サイトへ)

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行は、ネット銀行の中でもセキュリティに力を入れている点が大きなポイントです。VISAデビットがついているので、デビットカードとして使いたい人にも良いでしょう。

ジャパンネット銀行の画面の画像
ジャパンネット銀行

カードの他に、画像のようなワンタイムパスワードが表示されたキーホルダー型トークンが配布されます。表示されている数字の文字列は、一定期間が過ぎると変更になります。※今は申し込むと、キーホルダー型ではなく、カード型トークンが配布されているようです。

ジャパンネット銀行のキャッシュカードとワンタイムパスワード用のキーホルダー型トークンの画像
今は申し込むと、キーホルダー型ではなく、カード型トークンが配布されている

また、ATM手数料に関しては、入金・出金それぞれ1回のみで、紹介しているネット銀行の中では、一番数が少なく、ATMでお金を頻繁に引き出す人には不向きかもしれません。

ジャパンネット銀行のATM手数料表の画像
ジャパンネット銀行のATM手数料は微妙

セキュリティ的にはワンタイムパスワードがあるのは素晴らしいので、セキュリティを気にする方にはオススメのネット銀行と言えますね。

口座開設はこちら(ジャパンネット銀行の公式サイトへ)

ネットに対応していない銀行のデメリット|Googleアドセンスでブログを収益化する人はチェック

ネット銀行にこだわらなくても、ネットに対応していない普通の銀行でも良いという方もいると思います。

ただ、経験上、Googleアドセンスで稼ぐ場合にはネット銀行のほうが色々と手間が省けるので便利です。

例えば、Googleアドセンスは振込み用の銀行の確認のために、デポジット入金という方法で、登録している銀行が本人のものかどうか確認する作業があります。

Googleアドセンスのデポジット入金のメールの画像
ネット銀行だとわざわざ窓口やATMで入金確認をしに行く必要はない

この作業の際に、ネット対応していない銀行を使っていると、わざわざ窓口か専用のキャッシュディスペンサーに行って通帳記入をして、デポジット入金を確認する必要があるので、結構めんどくさいです。

僕は当時Googleアドセンスに登録していた銀行は、仕事の銀行口座でネット対応していない銀行口座でした。通帳の記帳をしないと、このデポジットの入金金額が分からなかったので、今思えばネット銀行にしておけば良かったと思っています。

まとめ(どういう基準でアフィリエイトで使うネット銀行の選べば良いか分からない場合)

  • もしもアフィリエイトを使うなら報酬1円から振り込みが可能な住信SBIネット銀行
  • お金を下ろすことが多いなら新生銀行(手数料が無料の対象範囲が多い)
  • 楽天アフィリエイトを利用して手数料は楽天スーパーポイントで払うなら楽天銀行
  • セキュリティ重視ならジャパンネット銀行

どういう基準で選べばいいか分からない場合は、とりあえず、ATM引き出し時の手数料が無料になるのか?どのくらいの金額になるのか?をチェックしておいたほうが良いと思います。

僕の場合は、アフィリエイト用の銀行口座は、月の引き出し数は少ないので、引き出し手数料回数無料が制限はされていますが、住信SBIネット銀行をメインのアフィリエイト用の銀行口座として使っています。

※プラス、もしもアフィリエイトの案件をアフィリエイトしていることもあり、1円から報酬が支払われる住信SBIネット銀行のほうが都合が良いということもあります。

とりあえず、新規でネット銀行を作っておくなら、新生銀行だけで良いかもしれませんが、もしもアフィリエイトを利用する場合には、住信SBIネット銀行も作っておいても良いでしょう。

口座開設はこちら(新生銀行の公式サイトへ)

口座開設はこちら(住信SBIネット銀行の公式サイトへ)

Pocket
LINEで送る