Pocket
LINEで送る

アフィリエイトを行う上でWEBブラウザの使い分けについて述べています。

アフィリエイトでブラウザは何がいい?IEの利用者は稼げない?
アフィリエイトでブラウザは何がいい?IEの利用者は稼げない?

アフィリエイトをしていくにあたって、どういったWEBブラウザを使うかは個人的には重要だと思います。

ちなみに、僕のパソコンに入れているメインのブラウザはFirefoxで、アフィリエイトをしていくならFirefoxをインストールしておくことを強くオススメしています。

Firefoxだけを使え、というわけではなく、IE(Microsoft Edge)、GoogleChromeをそれぞれをパソコンにインストールし、使い分けをしていく必要があるということを解説しているので、それぞれのオススメの用途で使い分けてください。

また、IE(Internet explorer)やMicrosoft Edgeなどのパソコンに初期で入っているブラウザをメインに使っている人の場合は、アフィリエイトでは稼ぎにくい属性の人たち、と受け取れるような研究結果もあったりします。

WEBブラウザとアフィリエイトにどんな関係があるのか?その点についても軽く触れているので、参考にしてみてください。

とりあえず、IEも含め、Firefox、Chromeブラウザは3つともパソコンに入れておくべき|それぞれのブラウザの用途・使い分け

まず、最初にWindowsパソコンに入っているIEやMicrosoft Edgeなどは置いておいて、とりあえず、FirefoxとChromeのこの2つのブラウザは入れておくべきです。

それぞれの理由を解説していきます。※一応、IEもしくはMicrosoft Edgeにも用途はあるので、説明しています。

Firefox(ファイアフォックス)のブラウザがオススメな理由|WEBサイトのデザインカスタマイズが直感的に行いやすいなどが可能

Firefox(ファイアフォックス)ブラウザのインストール画面の画像
Firefox(ファイアフォックス)ブラウザ

インストールURL:https://www.mozilla.org/ja/firefox/

まず、僕の場合は冒頭でも述べているように、Firefox(ファイアフォックス)のブラウザをパソコンではメインのブラウザとして利用しています。理由としては以下の3つです。

  • ブラウザ上で直感的なWordPressのデザインのカスタマイズができる
  • 端末ごとの表示確認もChromeよりも選択肢が多い
  • タブを多く開いてもパソコンの動作が重くならない

ブラウザ上で直感的なWordPressのデザインのカスタマイズができる

個人的にFirefoxを推す一番の理由としては、ブラウザ上で直感的なWordPressのデザインのカスタマイズができるからです。

Firefox(ファイアフォックス)ブラウザで直感的にデザイン変更の確認ができる様子の画像
Firefoxは直感的にデザイン変更の確認ができる

例えば、↑の画像は、行間のカスタマイズですが、こういったデザイン変更を直感的にブラウザ上で行えたりします。※実際にカスタマイズを反映させるためには、CSSを書き換えたり、Simple Custom CSSプラグインを使ってCSSを書き換える必要はあります。

通常、CSSなどの編集は色や数値などを変更しますが、CSSファイルを直接いじってみてファイルをアップロードするまでカスタマイズが、どのように反映されているのかが分かりません。

その為、こうやってブラウザ上で数字や色を変えてみて、実際のデザイン変更の反映が見ることが出来ます。

端末ごとの表示確認もChromeよりも選択肢が多い

また、端末ごとの表示の確認に関しても、FirefoxのほうがChromeよりも多く確認ができます。

Firefox(ファイアフォックス)ブラウザのデバイスごとの表示確認の画面の画像
Firefoxではかなりの数のデバイスの表示確認ができる

ChromeでもiPadやiPhone、ギャラクシーなどの端末で表示確認はできますが…Firefoxでは、kindle FireやNokia Lumiaの表示の確認も出来てしまいます。

皮肉なことに、販売終了になったNEXUSシリーズの表示確認はFirefoxではできますが、Chromeではできません。※NEXUSシリーズは、Googleが販売していたタブレットの名前です。

タブを多く開いてもパソコンの動作が重くならない

そして3つ目の理由としては、Firefoxはタブを多く開いてもパソコンの動作が重くなりにくいというのが大きいです。

サイト運営などをしていく中で、色々なサイトを開きながら作業をしていくことが多くなります。その際に、タブを多く開くことがありますが、ChromeやIE(Microsoft Edge)は、タブを開きすぎると、パソコンの動作が重たくなってしまいます。

FirefoxとGooglechromeの動作時のメモリ容量の画像
Firefoxのほうがchromeよりも軽い(どちらもプラグインは入れてない)

実際に、FirefoxとChromeで、まったく同じサイトのタブ(8つ)を開きましたが、FirefoxよりもChromeのほうがメモリを食っていることが分かると思います。

※これは自分も謎なのですが、Firefoxの場合はメモリはそのままの数値ですが、Chromeの場合はメモリの数値がタブを増やしていなくても、どんどん増えていきます。謎です。

タブが増えれば増えるほど、Chromeのメモリを食ってしまい、容量はFirefoxよりもかなり多くなってしまうので、結果、パソコンの動作が重たくなってしまうので、アフィリエイトの作業に支障をきたします。

その為、僕はFirefoxをアフィリエイトの作業をする時のメインブラウザとして使っているわけです。

Chromeの用途は3つの用途

Googlechrome(グーグルクロム)ブラウザのインストール画面の画像
Googlechromeのインストール画面

インストールURL:https://www.google.co.jp/chrome/index.html

Chromeのデメリットばかり言っていますが、僕は違う用途で使っています。Chromeの用途は、拡張機能を入れることが出来る点が大きな魅力ですが、あまり多く入れすぎるとブラウザが重たくなってしまうので、僕自身は拡張機能は入れていません。

実際に使っている機能は以下の3つです。※拡張機能を使っているという意味ではありません。

  • シークレットモードを使って検索順位の確認
  • 画像がパクられているかどうかの確認
  • 英語などの外国語のサイトを閲覧するとき

シークレットモードを使って検索順位の確認

Chrome(クロム)ブラウザのシークレットモードの画像
Chrome(クロム)ブラウザのシークレットモード

拡張機能でも何でもありませんが、自分の狙ってる記事の純粋な順位を知りたい場合などには、Chromeのシークレットモードを使うと、現在の自分の記事の順位が分かったりします。

※記事の順位を知るためにはGRC などの順位チェックツールや、SearchConsoleを通常は利用しますが、簡易にリアルタイムに検索順位を知りたい場合には、シークレットモードを使って検索順位を確認します。

パーソナライズオフ検索という言い方もし、ネットで何かしらの情報を検索するときは、僕も主にChromeのシークレットモードを使って検索します。

画像がパクられているかどうかの確認

僕自身、ほとんど活用はしていませんが、Chromeの機能には画像のパクリなどを調べられる機能があります。

Chrome(クロム)の画像検索機能について説明している画像その1
Chrome(クロム)で画像を検索

自分のサイトで、↑のように画像の上で右クリックを押して、【Googleで画像を検索】をクリックしてみてください。※実際にパクリを見つけるための機能ではないので、悪しからず。

Chrome(クロム)の画像検索機能について説明している画像その2
Chrome(クロム)で画像を検索した結果

すると、類似した画像が検索結果に出てくるのが分かると思います。実際に自分の画像が他のサイトにパクられていたり、もしくは商用フリーの無料画像を大量に使っている場合には、同じ画像が検索結果にいっぱい出てきます。

自分のサイトのオリジナル画像がパクられている場合は、このような検索をすると、かなり自分のサイトの画像が出てくる場合があるので、もしパクり主のサイトを突き止めたいという方は、定期的にChromeのこの機能を使って探してみてください。

英語などの外国語のサイトを閲覧するとき

Chrome(クロム)の日本語訳機能の説明の画像その1
chromeで英語や外国語を日本語に翻訳

Chromeの標準搭載の機能として、日本語以外のWEBサイトを閲覧するときに、日本語に翻訳するという機能が付いています。右クリックすると、【日本語に翻訳】という項目があるので、クリックしてみると…

Chrome(クロム)の日本語訳機能の説明の画像その2です。
Chromeで英語や外国語の翻訳は精度良くなった

このような感じで、自動で翻訳してくれます。多少、乱暴な訳が多い場合もありますが、ある程度分かる内容になっています。

なので、英語圏のサイトで何かの情報を探すときには、Chromeブラウザはかなり使えます。実際にネットで情報を探すときには、日本語のネット情報だけでは情報がかぶってしまうので、差別化を図りたい人にはおすすめです。

IEもしくはMicrosoft Edgeブラウザの用途|IEの旧バージョンの表示確認のみに使う

Microsoftedgeのインストール画面の画像
Microsoftedgeのインストール画面

IEやMicrosoft Edgeに関してはWindowsのパソコンを購入すると、初期に入っているWEBブラウザです。

その為、パソコンでネットを利用するユーザーが未だに多く使っているブラウザでもあります。※日本におけるIEやMicrosoft Edgeのシェアは合計すると30%ほどで、Chromeが47%ほどありますが、それでもかなりのシェアを誇っているのは間違いないですね。

Microsoftedgeの開発者ツールの画面の画像
Microsoftedgeの開発者ツールの画面

僕自身使っている機能は、IEの旧バージョンをチェックして、何かデザインの不備がないかどうかの確認程度です。※開発ツールからIEの旧バージョンをチェックが出来ます。

このIEの旧バージョンがチェックできるのは、IEやMicrosoft Edgeブラウザのみです。

パソコンユーザーの中には、未だに古いバージョンのIEを使っていることも想定できるので、IEの旧バージョンのブラウザでデザインチェックをしたい人は、必ず活用しましょう。

特に、賢威などのプロが作っているWordPressテンプレートを使用している場合はデザインはIEの古いブラウザまで対応した形のデザインになっているので気にする必要はありませんが、古いブラウザにデザインが対応していないWordPressテンプレートも中にはあるので、そういったデザイン崩れの確認もIEやMicrosoft Edgeでは行えます。

Microsoftedgeとfirefoxのメモリの食い方の違いの画像
Microsoftedgeよりもfirefoxの方が軽い

ちなみに、FirefoxとMicrosoft edgeで同じサイト・同じタブ数で開いてみましたが、メモリの食い方はMicrosoft Edgeが多くなりました。

何度もくどいようですが、どのブラウザで作業するかを考えると、Firefoxで作業するほうがパソコンの処理速度が速いのでおすすめですね。

IEブラウザを使っている人はアフィリエイトでは成功できない?

実は、WEBブラウザに関するアメリカのマイケル・ハウスマンという経済学者が行った面白い研究があります。

自発的にファイアフォックスまたはクロムにブラウザを変更した従業員は、仕事に対するアプローチが異なっていた。
商品を売ったり顧客の疑問点に対応したりする新しい方法をつねに探し、気に入らない状況があればそれを修正していた…

と一部分の引用では分かりにくいですが、アダムグラントのオリジナルズでも解説されています。

ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 (単行本)

その研究では、IEのブラウザをメインで使っている人の多くは、Firefox、Chromeブラウザをメインブラウザとして使っている人たちよりも、仕事への創造性、売り上げ、顧客満足度が低く、勤務期間が短い、欠勤率が高いなどの研究結果が出ました。

※実際の研究では、IEとsafariをメインにWEBブラウザとして使っている人を指しています。

普段使いする程度であれば、ブラウザそれぞれに機能や性能の差はありませんが、IE(Microsoft Edge)、safariのこの2つのブラウザは、WindowsとMacでそれぞれに初期で搭載されているWEBブラウザで、FirefoxやChromeは自分でパソコンにインストールしないと使えません。

この研究は何が言いたいかというと、初めから与えられたものだけで仕事を行う人よりも、与えられたもの以外で”もっと自分にとって有用なツールはないか?””もっと効率的に作業できないか?”などの創意工夫をしようとしている人のほうが、何事にも成果が出やすいということをあらわしているわけです。

アフィリエイトも同じで、与えられた情報やノウハウだけではなく、自分で創意工夫をし、考えられる人のほうが成果が出やすいのは間違いないでしょう。

もちろん、僕の場合も、Firefoxをメインブラウザとして使っているのは、↑で説明している通り、WordPressのCSSのカスタマイズのデザイン、タブを多く開いた時の速さなどが便利だから使っているわけです。

実は僕も最初はIEを使っていましたし、途中でChromeに変えましたが、Chromeだとパソコンが重くなるので、最終的に自分で考えてFirefoxブラウザがメインのブラウザになりました。これも、自分で試行錯誤しながら創意工夫した結果と言えるでしょうね。

まぁ、多少意地悪なことを書いてしまいましたが、常に作業の効率化を図ることや、成長していく姿勢がWEBブラウザを一つ選ぶにも出てしまう、”アフィリエイトで稼げるかどうかの差にもなる”ということは覚えておいてもいいでしょう。

無料ブログを量産するアフィリエイトの手法なら、色々なブラウザを入れておいたほうが良い?

また、今現在は僕は、無料ブログを量産する手法のアフィリエイト(情報商材であればLUREAのショートレンジ戦略や、ノンバトルアフィリエイトが無料ブログを使って稼ぐノウハウ)はやっていませんが、以前行っていた時には、複数のWEBブラウザをパソコンにインストールし、作業を行っていました。

無料ブログはブログサービスによって、1つのメールアドレス・アカウントで無料ブログが5つ作れたり、1つしか作れなかったりします。

その為、無料ブログを量産していくにあたっては、いくつものメールアドレスやアカウントを持っておく必要があるのですが、WEBブラウザが少ないと、その都度その都度、新しいメールアドレス・アカウントでログイン・ログアウトを繰り返していくので、WEBブラウザが多いほうが作業は楽だったりするのです。

ルナスケープブラウザの画面の画像
国産ブラウザのルナスケープ

なので、その当時はIE・Firefox・Chrome以外にも、Opera(オペラ)、Lunascape(ルナスケープ)、Sleipnir(スレイプニル)をパソコンにインストールして使っていました。※今も、その時の惰性でLunascapeはパソコンに入ったままです。↑の画像がLunascapeです。

金融系のアフィリエイトは、色々なブラウザで表記をチェックしてくる

実は僕がアフィリエイトを始めた時に、キャッシングの金融系のアフィリエイトに、まず手を出しました。

結局、成果は出ませんでしたが、成果が出ていなくても表記チェックや修正が非常に多く、ASPの担当者が、メールで様々な修正を要請してきます。

特に、エクセルに自分のアフィリエイトサイトを画像付きで修正箇所を指定してくるのですが、その際に、↑でも説明したLunascapeのブラウザでもチェックされたりしました。

ブラウザごとで表記などをチェックするのは驚きましたが、ブラウザによってはデザインの見え方が違うので、もし金融系のアフィリエイトをするなら複数のブラウザをインストールしておいたほうが良いかもしれません。

まとめ

  • ブログやサイトのカスタマイズや、作業の際にタブを多く開く人であればメインブラウザはFirefoxがオススメ
  • 外国語のサイトで情報収集するならChrome
  • IEやMicrosoft Edgeを使っていては、アフィリエイトでは稼げない人の部類に入っちゃうかも

Chromeをオススメしている人は多いですが、僕の場合は拡張機能はほとんど使っていません。

拡張機能を入れてしまうと、さらに遅くなってしまうからです。

正直、僕の場合はChromeの拡張機能を使いこなせるかどうかも怪しい感じなので使えないという感じでもあります。

とはいっても、作業効率を考えたときにパソコンのスペックが低かったりすると、Chromeをメインに使っているとパソコンの処理速度が遅くなるので、やはりFirefoxを使ったほうが良いかなぁと思います。

Pocket
LINEで送る