Pocket
LINEで送る

無料ブログがSEOに強い理由ついて解説しています。

無料ブログがSEOに強い理由のアイキャッチ
無料ブログを使うならブリッジページとしての役割ならあり

無料ブログがSEOに強いというのはタイミング次第というのが本音です。

理由については、本文で触れていきますが、予め言っておくと、自分のメインブログで使うことは避けておいた方が無難。

ただ、使い方によっては有益な使い方も出来ます。

なので、最後に無料ブログのSEOが強いことを活かした具体的な使い方(タイトルでも触れてる、どういう集客方法か)も紹介しています。

この記事を書いている人

ak

ak(”えーけー”と呼んでください)

2011年からアフィリエイト開始。

大学中退→アパレル販売員→営業・MD→EC→情報販売・ASP下請け→ブログ起業・情報販売(2011~)


toC向けWEBマーケ(SEO・アフィリエイト)・コピーライティングに特化した事業を行っています


王道のアフィリエイト手法を行いつつも、初心者や弱者でも十分に収益を上げられるアフィリエイト手法をメインにブログアフィリエイトで稼いでいます。


強者と戦わない初心者向けの弱者の戦略を行うアフィリエイト専門家、と覚えておいてもらうと嬉しいです。

無料ブログがSEOに強い理由

無料ブログがSEOに強い理由は単純に、すでにドメインがSEO的に評価を受けているということが大きな理由です。

以下のように、どういった無料ブログでも、すでに赤字の箇所のドメインがSEO的な評価があります。

サブドメイン型の無料ブログ
sample.seesaa.net(シーサー)
sample.blog.ss-blog.jp(ソネット)
sample.exblog.jp(エキサイト)
サブディレクトリ型の無料ブログ
ameblo.jp/sample/(アメブロ)
blog.livedoor.jp/sample/(ライブドア)
plaza.rakuten.co.jp/sample/(楽天)

無料ブログのサブドメイン、サブディレクトリ内にブログを作る為、すでにあるSEOの強さの恩恵を受けるので、無料ブログがSEOに強いと言えるわけです。

無料ブログの場合は、ほっておいてもブログは増えるので、ブログが増えればドメイン内のコンテンツも増えるので、ドメインの力は上がっていきます。

ドメインの強さ以外でのSEO的なメリット

また、どのブログサービスでもそうですが、無料ブログ自体のトップページからリンクを貰えることもあります。

例えば、はてなブログの場合、はてなブログのおすすめ記事や新着記事紹介のトップページから被リンクを貰えることがあるので、その点のSEO効果も見逃せません。

はてなブログのトップページの画像
はてなブログのトップページの新着やおすすめ一覧に載ることがあるので、リンクがもらえる

特に、どの無料ブログでも独自ドメインを取得して運営する場合でも、こういったサービス内からのリンクを貰えるので、こういったドメインの強さ以外の恩恵にもあずかれます。

無料ブログがSEOに強いは実は流動的で不安定…

ただ、無料ブログがSEOに強いのは「常に」というわけではありません。

その時によって、検索ではアメブロが強い、シーサーブログが強い、ライブドアが強い、ソネットブログが強いなどがあります。

例えば、この記事を書いている2020年の7月の時にはアメブロが圧倒的に検索の上位に多くあり、非常に強い状況でした(ブログの見出しの必要性でも触れてます)。

逆に言えば、検索結果から評価が低くなる無料ブログのドメインもあるわけで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンのさじ加減に左右されてしまいます。

なので、無料ブログがSEOで常に強いわけではないことは覚えておきましょう。

無料ブログのSEOが強いを経験してしまうと…

また、無料ブログのSEOが強いことを経験してしまうと、独自ドメインでのサイト・ブログの運営ができない体になってしまいます。

というのも、無料ブログドメインの恩恵にあずかってるのを知らずに、「俺・私SEOの天才」と思ってしまう人が後を絶ちません。

無料ブログのSEOが強いを経験の勘違いを指摘しているTweetの画像
Twitterでも呟いてますが…

無料ブログで、いくら記事が書けて上位表示していても、結果的にドメインのパワーのみで上位表示している場合もあるので、最終的に自分の力になっていないということもよくあることです。

特に、今、無料ブログを使って本気でアフィリエイトの準備をしている場合は即座に止めて、独自ドメイン・レンタルサーバーなどの最低限の投資はするようにしましょう。

結論、無料ブログを集客目的で使うのはあり

これだけ無料ブログをディスってはいますが、無料ブログのSEOの強さを活かした使い方もあります。

例えば、無料ブログをクッションページにして、自分のアフィリエイトブログ・サイトに誘導する形で使うことは可能です。

実際にアメブロをクッションページに使ってることを示唆したTweet
実際にアメブロをクッションページに使ってる

実際に、先ほども触れたように2020年の7月時点で強かった無料ブログのアメブロをクッションページにして使っていました。

この方法は無料ブログに限らず、newspicksやnoteなどの無料サービスもクッション的(ブリッジページ)に使える方法なので、覚えておいても良いでしょう。

ただ、規約によって消されたり、記事そのものがnoindexになって検索エンジン上で見れないこともあるので、その点は注意です。

なので、無料ブログは使い方次第といえます。

紹介したのはあくまでも一つの例なので、自分なりの無料ブログの使い方を見つけてください。

以上、「無料ブログがSEOに強い理由-でも強さは不安定なので集客目的で使うのはあり」の記事でした。

Pocket
LINEで送る