Pocket
LINEで送る

ブログ画像アイキャッチ作成の3つのコツを紹介しています。

ブログ画像アイキャッチ作成のコツには赤ちゃんが関係があることを示している画像
何故、赤ちゃんの写真をアイキャッチに使っているかなどは、脳科学のノウハウを活用しています。※詳細は、最後の見出しで説明しています。

ブログの冒頭にあるアイキャッチ画像は、記事の内容を端的に伝えたり、さらにブログの本文まで読み続けてもらったりするためには非常に重要な要素です。

フリー画像のようなイメージ画像を使うこと自体は問題ありませんが、アイキャッチを見てブログが読まれるためには、文字入れをしたり、何らかの画像加工を施したほうが良いでしょう。

また、すでに↑のこのブログのアイキャッチのキャプションでも触れていますが、フリー画像・イメージ画像を使う場合にも、人を引き付ける画像というのもあります。

なので、画像の加工編集は難しいけど、こういった画像をアイキャッチに選んでおけばOKというのも紹介しています。

というわけで、今日から行えるブログ画像アイキャッチに関するノウハウを載せているので、あなたのブログ・サイトに反映させてみてください。

この記事を書いている人

ak

ak(”えーけー”と呼んでください)

2011年からアフィリエイト開始。

  • 1日で約20万PV/報酬5万円を稼ぎ出すブログを数個保有
  • 1日20アクセス前後で月10万円稼ぐブログを数個保有
  • たった3日でnoteで情報を販売し20万円以上稼ぎだすなど…

王道のアフィリエイト手法を行いつつも、初心者や弱者でも十分に収益を上げられるアフィリエイト手法をメインにブログアフィリエイトで稼いでいます。


強者と戦わない初心者向けの弱者の戦略を行うアフィリエイト専門家、と覚えておいてもらうと嬉しいです。

売れるブログになる!アイキャッチ画像で推す商品は”右に”

ブログ画像のアイキャッチを、何らかの比較記事で作る場合には、まずは自分が推している商品を右側に映すようにします。

例えば、以下のような画像が極端ですが分かりやすいと思います。

ブログ画像のアイキャッチで推す商品を意図的に示している画像
実際の現代広告心理技術101のレビュー画像の一つ

実際にはアイキャッチ画像ではありませんが、画像一目見ただけで何を推しているのかが一目瞭然で分かるはずです。

もちろん、↑の画像は極端な例ですが、”野菜嫌いの子供もゴクゴク飲める青汁おすすめランキング3選”といった記事のアイキャッチ画像であれば、以下のように作れば良いわけです。

ブログ画像のアイキャッチで推す商品を意図的に示しているアイキャッチ画像
一番推しているのが、一番右に映している”こどもフルーツ青汁 ミックスフルーツ味”ということになる。※ぱぱっと作ったのでクオリティは微妙ですが

なお、こういった左右の見せ方は、ある心理学の実験が根拠になっています。

根拠になっている実験というのは、ニスベットのストッキング実験です。

ニスベットのストッキング実験の画像
プレゼンなどでも使える(左に従来商品、右に新しい商品などを載せて見せるなど)

簡単に言うと、同じストッキングを履いている様子を被験者に見せ、一番評価が高かったのは一番右にあるストッキングだったという実験です。

また、この理論は「アイ・アクセシング・キュー」という実践心理学(NLP)のテクニックにも通じるものもあり、左は過去、右は未来という印象をつけることも出来ます。

例えば、↓に洗濯洗剤のトップを販売しているライオンの商品ページで左→右の構図の写真が分かりやすく使われているのが分かると思います。

ニスベットのストッキング実験の左→右の構図が分かる例の画像
引用元:https://top.lion.co.jp/products/hareta/

なので、ランキング記事でなくても、2つの商品を比較する記事を書く場合には、アイキャッチでは自分の勧める商品を右に載せておくとをオススメします。

このように、ランキング系記事のアイキャッチ画像、比較系記事のアイキャッチ画像を作る際には、必ず自分の推す商品を右側に映すようにしましょう。

ブログが読まれる!画像アイキャッチで匂わせる…

ブログ画像のアイキャッチは、匂わせにも使えます。

匂わせは簡単に言うと、画像のアイキャッチを見て、絶対続きを読みたくなる仕掛けといったところでしょうか…

例えば、先ほどの”野菜嫌いの子供もゴクゴク飲める青汁おすすめランキング3選”のアイキャッチ画像を匂わせ画像にするなら、以下のような見せかたが出来ます。

ブログ画像アイキャッチのを匂わせ加工した画像
画像全体をぼかすなどもあり

右側の商品が、ボカシになっていることが分かると思います。

こういった画像がブログのアイキャッチになっていたら、是が非でも、このボカシになっている商品が何なのか知りたくなりますよね?

ただ、モザイク・ボカシは、ある意味ではイヤらしさ(性的な意味ではなく)が出てきてしまうので、多少の好みはあるかと思うので、あくまでも参考にしておいてください。

他にも、こういった画像アイキャッチの見せ方は色々な方法がありますが、例えば、以下の画像は「ブログ画像SEO」に関する記事のアイキャッチ画像です。

ブログ画像SEOの記事のアイキャッチ画像
画像自体の加工以外にも、文字入れの加工などでも匂わせることが出来る。

画像のアイキャッチに書いてある”少し変わった方法も紹介”という文言を見ると、必ず記事を読みたくなると思いませんか?

こういった匂わせのアイキャッチ画像の文字入れの匂わせを作る際には、伝えたいことを抽象的に書くというのがポイントです。

※このブログのアイキャッチ画像に書いてある脳科学を~というアイキャッチの文字入れも、そしてアイキャッチ画像のキャプションに書いていることも、ブログを読み進めてもらうための1つの匂わせです。

今すぐ出来なくても良いので、こういった表現方法があることを覚えておいてください。

なお、画像加工が出来ないという場合は、アイキャッチの画像キャプションを書くだけでも、相当、違いは出てきます。なので、「ブログ画像キャプションの書き方」を見ておくようにしましょう。

売れる!読まれる!脳が喜ぶブログ画像のアイキャッチの選び方【脳科学を活用した方法】

ブログ画像のアイキャッチは、基本的には記事の内容を表した画像を選ぶのが適切です。

ただ、広告業界や脳科学などでは、記事の内容など関係なく、特定の画像が人目を引くということがアンケート調査や脳磁図実験などで分かっています。

具体的には、赤ちゃん・子供の画像です。

ブログ画像のアイキャッチに設定しておくと人目を引く赤ちゃん・子供の画像
リチャード・ワイズマンの研究では、赤ちゃんの写真は大人を引き付け、利他的な行為を促す作用があることが分かっている

なお、この記事のアイキャッチも赤ちゃんの画像を使って加工・編集をしています。

ブログ画像のアイキャッチの記事で使われているアイキャッチ画像
この赤ちゃんの画像を明るくし、文字入れをしてアイキャッチ画像にしている。

実際に売れている書籍には、子供の画像を帯に使った書籍も多くあります。

Amazonで売れている書籍の帯(ブログでいうアイキャッチ画像)に人目を引く赤ちゃん・子供の画像が使われている様子の画像
子供に関係のない内容の書籍でも、帯に子供や赤ちゃんの画像を使うことで人目を惹いている実例

なお、赤ちゃん・子供の画像含め、人目を惹く画像としてはアメリカのパレード誌が実施した「最も人々の注意を引く写真のアンケート」が参考になります。

  1. 赤ちゃん・子供
  2. 赤ちゃんと母親
  3. 動物
  4. 有名人
  5. 食べ物

なので、どうしても効果的なブログの画像アイキャッチが考えられない場合は、赤ちゃん・子供の画像を優先的に考えつつも、この5つの種類の画像をアイキャッチにするというように考えると良いと思います。

なお、アイキャッチ画像に応用できる脳科学的な活用法については、より具体的に詳しく知りたい場合は「脳科学マーケティング」という本のP130~P142で具体的な手法が書かれています。

ブログ画像のアイキャッチに使えるノウハウが載っている脳科学マーケティングのP130の画像
すでに紹介した脳科学マーケティングP130に載っている赤ちゃん・子供の画像のページの画像

その他にも、ブログ画像のアイキャッチにも活かせる写真の撮り方(P116)や、セールスにも役立つ画像の選定(P210)など、ブログ画像の脳科学的な活用法も載っています。

なので、脳科学マーケティングのノウハウを読んで、あなたのブログに脳科学的な画像アイキャッチ・画像の活用法を取り入れてみてください。

脳科学マーケティング公式サイト

Pocket
LINEで送る