Pocket
LINEで送る

ブログ画像の文字入れの効果を”劇的”に高める3つの方法を紹介しています。

ブログ画像の文字入れを工夫すればブログ経由で商品が売れている様子表している画像
ブログ画像の文字入れは配置・情報・色の3つが重要

ブログ画像の文字入れを行う際には、配置する場所、どういった情報を入れるか?、どういった色が好ましいか?など、3つの重要な要素があります。

特に、ブログ画像の文字入れするのは、ブログ冒頭のアイキャッチ画像となることが多いでしょう。

アイキャッチ画像の場合は、検索エンジンなどでも表示される場合もあります。

なので、視覚的に見やすいはもちろんのこと、それ以上に、ユーザーが気になり、クリックがされやすいような文字情報入れておくと効果的です。

また、ブログ画像の文字の色についても書いていますが、広告の調査で消費者が好きな色・嫌いな色があることが分かっています。

詳しくは、一番下の見出しで書いているので、文字の色を使う時に参考にしてみてください。

この記事を書いている人

ak

ak(”えーけー”と呼んでください)

2011年からアフィリエイト開始。

  • 1日で約20万PV/報酬5万円を稼ぎ出すブログを数個保有
  • 1日20アクセス前後で月10万円稼ぐブログを数個保有
  • たった3日でnoteで情報を販売し20万円以上稼ぎだすなど…

王道のアフィリエイト手法を行いつつも、初心者や弱者でも十分に収益を上げられるアフィリエイト手法をメインにブログアフィリエイトで稼いでいます。


強者と戦わない初心者向けの弱者の戦略を行うアフィリエイト専門家、と覚えておいてもらうと嬉しいです。

ブログ画像の文字入れする場合は配置は中央+文字の大きさも大事

ブログ画像の文字を入れる場合には、配置が非常に重要で、なるべく文字を中央に寄せるようにしましょう。

※厳密に言うと、文字の大きさも適切なサイズにもする必要あり。

なるべく中央に寄せる理由としては、検索エンジン、SNSでシェアされた際には、ブログの文字入れした画像が自動で切り取られる格好となるからです。

例えば、以下の画像をみてください。実際に僕の書いた記事がGoogleの検索エンジンに出ている画像です。

ブログのアイキャッチ画像の文字入れが中央により、Googleの検索エンジン上で綺麗に切り取られている様子の画像
中央に文字を寄せることで、スマートフォンの検索結果では綺麗に文字が収まっている

文字入れした記事のアイキャッチ画像が、スマートフォン検索した際に綺麗に収まっているのが分かると思います。

こういったことは、自分のブログの関連記事や最新記事を画像で見せている場合も起こります。

非常に極端な例ですが、以下のような画像で関連記事が表示されていたら、どっちを見たいと思いますか?

文字の中央寄せ・文字の大きさを調整していないアイキャッチ画像の比較の画像
自分のブログの画像を使った関連記事表示・最新記事表示の表示も必ず見ておく

どう考えても、左だと思います。

ただ、文字を中央寄せする加工は簡単なのですが、文字の大きさはブログで使っているテンプレートの兼ね合いや、画像編集ツールで試行錯誤するしかないので、そこは自分で色々と調整してみてください。

ブログ画像の文字入れをバナープラスで行っている画像
ブログ画像の文字入れをバナープラスで行っている画像(バナープラスだとサイズは15ポイント前後の文字の大きさが理想)

なお、僕の場合は↑の画像にもあるように、「バナープラス 」という有料の画像編集ソフトで、大体文字サイズを15ポイントを基準に、ブログ画像の文字入れの大きさを調整しています。

また、何度も言うように、文字入れをするのは、ブログ冒頭に使うアイキャッチ画像がほとんどだと思います。

アイキャッチはブログ・サイトの玄関みたいなものです。

なので、文字の中央寄せ・文字を適切なサイズにすることは、玄関を綺麗にしお客さんを招き入れる準備をしておくことと同じように考えておくと良いと思います。

ブログ画像の文字入れをアイキャッチで行う場合は情報を入れ込む

ブログ画像の文字入れする場合は、↑でも触れているようにブログ冒頭のアイキャッチにするケースがほとんどだと思います。

僕自身がアイキャッチ画像に文字入れをする際に必ずすることとしては、タイトルで書ききれなかったことをなるべく文字情報としてアイキャッチの中に入れるようにしています。

例えば、以下にこのブログの「ブログ画像アイキャッチ」に関する記事のアイキャッチ画像があります。

ブログ画像アイキャッチ作成のコツには赤ちゃんが関係があることを示している画像
書き込みたい情報が多くなると、文字バランスが崩れるので、なるべく短く伝えたい言葉を入れ込む

ちなみに、このアイキャッチ画像は「売れる!読まれる!ブログ画像のアイキャッチ作成の3つのコツ」というタイトル。

どうしても、脳科学のノウハウを使った画像の活用法があることをタイトルに入れたかったのですが、文字数が多すぎるのでタイトルには入れられませんでした。

その為、アイキャッチ画像にタイトルで書ききれなかった文字情報を入れたのです。

もちろん、導入文・メタディスクリプションにも、脳科学のノウハウを使った画像の活用法があることを書き込んでもいます。

ですが、タイトルに書ききれず、それでもいち早く見せたい情報がある場合には、アイキャッチの画像に文字で情報を書き込むことをオススメします。

先ほども見せたGoogleのスマートフォンの検索結果のように、タイトル、メタディスクリプションの文字情報以外でも、画像のアイキャッチに文字入れすることで検索結果でアピールできるようになるからです。

是非、実践してみてください。

ブログ画像の文字入れで色は目立つ補色を使う-消費者が好む色を活用する方法も紹介

最後に、ブログ画像の文字入れする場合には、色も非常に重要な要素です。

基本的に画像の文字の色は、ブログの色とは反対色・補色などの色にしておくことが無難。

ブログ画像の文字入れはブログのメイン色の反対色・補色を入れる、その際に使える色相環図の画像
ブログ画像の文字入れする色は色相環図を参考に反対色・補色を入れるようにする

反対色・補色は、メインの色とは反対にある色なので、画像の文字がブログ内で目立ちやすいです。

ブログのメイン色画像の文字の色
青→オレンジか黄色
水色→黄色か赤
ライトブルー→赤色かオレンジ
黄緑→紫か赤色など…

ただ、厳密に自分のブログテーマの色と同じ彩度の反対色・補色を画像の文字色にしたいという方はいると思います。

こういった場合には、http://paletton.comというサイトが使えます。

ブログ画像の文字入れの正確な反対色・補色を知る為に便利なツールのpaletton.comの画像
ブログ画像の文字入れの色の相性の良い反対色・補色を知る為に便利なツールのpaletton.com

例えば、僕のブログのメインの色は#0baad6なので、赤枠になっている箇所に16進数の色を入力し、緑枠の箇所をクリックすると、相性の良い色と合わせて、補色・反対色の候補が出てきます。

色のバランスなどをみて、画像の文字色に反映させてみましょう。

※自分のブログ・サイトのメインとなっている色(見出しの色)などは、パソコンのウェブブラウザ(僕の場合はfirefox)の右クリック→要素検証ですぐに調べられます。

また、自分のブログ・サイトの色、そして画像に使う文字色は基本的に自由ですが、消費者が好む色・嫌いな色というのもあります。

アメリカの2万件以上のレポートによると、以下のような色が順番に好まれる傾向があるそうです。

  1. オレンジ
  2. 黄色

ブログ・サイトのメイン色の話からになってしまいますが、こういった情報を参考にする場合は、このメイン色をベースに画像の文字色の反対色・補色も変えるようにしたほうが良いでしょう。

なお、ブログに活かせる色に関するノウハウについては他にもあり、詳しくは「現代広告の心理技術101」に即使えるノウハウが載っています。

ブログ画像の文字入れの色に使える消費者が好む色のノウハウが載っている現代広告の心理技術101のP307の画像
現代広告の心理技術101のP307に消費者が好む色、P309に消費者が好む色の組み合わせが載っている

例えば、今紹介した消費者が好む色については、実際にP307に書かれているノウハウです。

P309には、さらに”消費者が好む色の組み合わせ”、P314には色の心理学などの情報も載っているので、実際に購入してみて、ノウハウをブログ画像の文字の色に反映させてみてください。

色以外にも、もちろんコピーライティングのノウハウ、そして効果的なブログ画像に活用できるノウハウも載っているのでオススメです。

現代広告の心理技術101の公式サイト

Pocket
LINEで送る