Pocket
LINEで送る

アフィリエイトリンクがクリックされない時の3つの対処法を紹介しています。

アフィリエイトリンクがクリックされない時の3つの対処法のアイキャッチ
アフィリエイトリンクが人間にクリックされているかはかなり重要

アフィリエイトリンクがクリックされないのは、色々な理由が考えられます。

ですが、大抵は下記の3つのような理由が大半です。

  • 広告を掲載する場所がおかしい
  • 広告がブログに溶け込み過ぎてる
  • そもそもニーズが間違ってるなど…

とりあえず、即行え、今すぐできる対処法2つと、そして、そもそも根本から変える方法1つを紹介しているので、参考にしてみてください。

なお、ボットなどの機械のクリックではなく、人間の生のクリックがされていることが前提となります。

その為、THKアナリティクス(無料)などの人間の本当のクリックが分かるアクセス解析を導入した上で、この記事を参考にしてみてください。

この記事を書いている人

ak

ak(”えーけー”と呼んでください)

2011年からアフィリエイト開始。

  • 1日で約20万PV/報酬5万円を稼ぎ出すブログを数個保有
  • 1日20アクセス前後で月10万円稼ぐブログを数個保有
  • たった3日でnoteで情報を販売し20万円以上稼ぎだすなど…

王道のアフィリエイト手法を行いつつも、初心者や弱者でも十分に収益を上げられるアフィリエイト手法をメインにブログアフィリエイトで稼いでいます。


強者と戦わない初心者向けの弱者の戦略を行うアフィリエイト専門家、と覚えておいてもらうと嬉しいです。

とりあえず広告効果のある”3か所”にアフィリエイトリンクを貼ってみる【まずはコレをやる】

アフィリエイトリンクがクリックされない場合、まず最初の対処としては、広告効果のある3か所にアフィリエイトリンクを貼ります。

ただ、広告効果のある3か所と言っても、以下のようないくつかのパターンあり。

その1
  • ヘッダー
  • 記事の中盤
  • フッター
その2
  • モアタグ(目次の前)
  • 記事の中盤
  • フッター
その3
  • ヘッダー
  • モアタグ(目次の前)
  • フッター

その3の場合は、冒頭に広告が集中してしまい、うるさくなってしまうので、導入文を長くしたりする等の工夫は必要です。

広告を4回~5回以上を一つの記事に載せてしまうと、広告効果が下がってしまうデータがあるので、とりあえず、3回を目安に載せるようにしましょう。

ちなみに、このアフィリエイト広告をブログ記事に載せる回数が3回が効果があることについては、ペティ&カシオッポの広告実験が元となっています。

詳しい解説は「現代広告心理技術の101」のP112の反復と重複に載っているので読んでみてください。

現代広告の心理技術101のP112の画像
現代広告の心理技術101のP112に広告の載せる最適な回数や詳細な説明が載っています

※その他にも、ペティ&カシオッポ関連で言えば、精緻化見込みモデルが有名。アフィリエイトする際に商品によってどのように誘導したほうが効果的か?なども現代広告の心理技術101のP86に書いていたりします。

とりあえずは、最初の対処法として、広告を3つ程度載せてクリックされるか様子を見るようにしましょう。

アフィリエイトリンクがクリックされないのはバナー広告が原因かも・対処法も紹介

そして、アフィリエイトリンクがクリックされないのは、バナー広告(画像広告)が原因の場合もあります。

具体的に言えば、バナー広告がブログに溶け込み過ぎていて、画像の一つとして認識されている可能性があるからです。

例えば、以下のようなバナー広告。



パソコンで見ると分かりにくいですが、スマホで見ると縮小されて、広告ではなくブログのいち画像として見えてしまいます。

(あと、画像に枠がないのでさらにブログ画像に見えてしまいます。なお、ブログ画像には枠をつけておきましょう。詳しくは→ブログ写真3つのコツで触れてます)

特に、真四角系のバナー広告(300×200、300×300、250×250などの大きさ)は、スマホだとブログ画像と思われて、スルーされる可能性は高いです。

対処法

なお、このバナーのアフィリエイト広告が、ブログ画像に間違えられない対処法として3つあるので、是非、試してみてください。

  1. 横長バナー広告を選ぶ
  2. クリック誘導の文言が入ってるバナー広告を選ぶ
  3. クリック誘導の文言が入っているバナー広告がない場合

横長バナー広告を選ぶ

まず、一番簡単な対処方法としては横長のバナー広告を選ぶようにします。

実際に、以下の画像のように真四角に近いバナー広告よりも、横長のバナー広告のほうがクリック率は高いです。

ブログ画像サイズを縦横比2:3を無視した画像の例その1の画像
横長バナー広告の方がクリック率は高い

横長のバナー広告は、ブログ画像とは形が違うので、スマホで縮小されても広告と認識されるようになっているのだと思います。

なので、とりあえず、横長バナー広告がある場合は、必ず活用するようにしましょう。

(この辺りについてはブログ画像タイミングの記事でも少し触れてます)

クリック誘導の文言が入ってるバナー広告を選ぶ

仮に、横長バナー広告がアフィリエイトしている広告でなかった場合には、真四角系バナー広告の選択肢がない場合でも、誘導する文言の入っているバナー広告を選びます。

以下のような2つの広告が分かりやすいですね



↑”詳細はこちら”というクリックを促す言葉が入っているのが分かると思います。



↑”お店へGO!”というクリックを促す言葉が入っているのがこちらも分かると思います。

それぞれの、”詳細はこちら”、”お店へGO!”という文言が広告だと分かるので、仮に真四角系バナー広告でも、ブログの画像の一つではなく、広告と認識されやすくなります。

クリック誘導の文言が入っているバナー広告がない場合

ただ、さらに真四角系の広告でもクリック誘導的な文言が入っていない場合もあります。

※もちろん、横長バナー広告があれば、そっちを使うのを優先してください。

すでに見せた以下のような広告ですね



こういった広告の場合は、バナー直下に自分でクリック誘導の文言のテキストを入れ込んで対処します。

以下のような感じ。

詳しくはこちらをクリック

※あとちょっと画像の枠も追加しました。画像の枠がないと完全に画像として溶け込んでしまうので…

実は、バナー直下に自分でクリック誘導の文言のテキストを入れ込む対処法については、画像の直下にあるテキストは本文よりも2倍読む人が多いという原理を活用しています。

※詳しくは、このブログの画像キャプションの書き方の記事やブログ画像の必要性などの記事でも詳しく触れています。

なので、真四角系のバナー広告以外にも、横長バナーでも誘導文言がバナーに入っていない場合は、直下にテキストリンクを入れておくとよりクリックされやすいと思います。

とりあえず、バナー広告を使う人向けではありますが、ブログの画像に紛れないように、対処法を試してみてください。

色々施策をしてもアフィリエイトリンクがクリックされない場合【結局、ここが一番重要】

↑で紹介している施策を色々やっても、なかなかアフィリエイトリンクがクリックされない場合は、そもそも紹介する商品が間違っていたりする可能性が高いです。

健康が気になる人向けに、ダイエットをしている人向けの青汁を紹介していたり。筋肉をつけたい人向けに、ダイエット用のプロテインを訴求していたりなど…

わりと、こういう簡単な訴求ミスをしている場合が非常に多かったりします。

なので、再度、商品のランディングページをみて、本当にこの商品を買う人に紹介していい商品なのか?他に紹介できる商品はないか?どうかなど真剣に考える必要があるでしょう。

参考程度ですが、アフィリエイトのおすすめのパソコンという記事がブログ内にあるのですが、実際に置いているアフィリエイトリンクは中古パソコンショップのアフィリエイトリンクです。

中古パソコンのアフィリエイト報酬の画面の画像
記事を書いている時にタイミングよく発生

重要なポイントとしては、記事の中身・流れとして以下のようにおこなって、最終的に中古パソコンのアフィリエイトリンクに導いているのが分かると思います

  1. スペックの高いパソコンを使っているが安いので十分(なるべくならWindows)
  2. でも安いのだとデメリット・不具合もある
  3. だから安いのを買うなら中古パソコンでスペックの高いモノを選ぶことをオススメ
  4. 中古パソコンのアフィリエイトリンクを紹介

この流れなので、買わないにしてもクリックは高い確率でされるのは間違いないでしょう。※アップルのMacbookなどを訴求してると売れてないと思います。

なので、記事を読む人の属性を分かったうえで、正しい商品の訴求をしていく必要があるのです。

その為、まずは自分の記事でアフィリエイトしている商品がもしかしたら間違っている可能性があるので、商品を変えて張り替えてみたりしてみてください。

ただ、こういった訴求が合っているかどうか自分で分からない場合は、まずは商品の特徴とベネフィットの違いを分かっておくと便利

もし、商品の特徴とベネフィットが分からない場合は、「ウェブセールスライティング習得ハンドブック」という本で詳しく学べるのでオススメです。

ブログ画像キャプションを効果的に書けるようになるウェブセールスライティング習得ハンドブックのP118の画像
商品の特徴とベネフィットの違いについてはウェブセールスライティング習得ハンドブックのP118~123に載っている

商品の特徴・ベネフィット以外にも、見込み客のリサーチ、マーケットのリサーチ方法も学べるので、紹介する商品を間違えることなく訴求することが出来ます。→結果的に売れる。

元々3980円の本ですが、550円で買えるので金額が変わらないうちに手にしておく事をオススメします。

個人的には、商品の特徴とベネフィットの違いが分かったことで、「この商品はこういうキーワードで探す人にオススメ出来るな」ということを瞬時に分かるようになりました。

僕も、ウェブセールスライティング習得ハンドブック購入後、飛躍的にアフィリエイトの成果が増えるようになったので、ノウハウを読んでアフィリエイト報酬が増える体験をしてみてください。

ウェブセールスライティング習得ハンドブック公式サイト

Pocket
LINEで送る