Pocket
LINEで送る

ブログ文章の色・装飾の超基本と”稼ぐ”ための活用法を紹介しています。

ブログ文章の色・装飾の超基本と”稼ぐ”ための活用法のアイキャッチ画像
ブログ文章の色・装飾の超基本は色相環図がヒントになる…

ブログの文字、文章の色の装飾は決まったルールがあるわけではありません。

ただ、色の原理を分かったうえで、ブログの文字・文章の色の装飾を行うのは非常に効果的です。

※ここで使っている赤色の装飾も、本文を読むと理解が出来ます…

特に、絶対に赤色に!絶対にオレンジ!とかという決まりがあるわけではなく、自分のブログのメインカラー(見出しなど)で、理想的なブログの文字・文章の色の装飾は変わります。

また、稼ぐための文字・文章の装飾法も載せているので、是非、このノウハウを学んで、あなたのブログ・サイトに反映させてみてください。

この記事を書いている人

ak

ak(”えーけー”と呼んでください)

2011年からアフィリエイト開始。

  • 1日で約20万PV/報酬5万円を稼ぎ出すブログを数個保有
  • 1日20アクセス前後で月10万円稼ぐブログを数個保有
  • たった3日でnoteで情報を販売し20万円以上稼ぎだすなど…

王道のアフィリエイト手法を行いつつも、初心者や弱者でも十分に収益を上げられるアフィリエイト手法をメインにブログアフィリエイトで稼いでいます。


強者と戦わない初心者向けの弱者の戦略を行うアフィリエイト専門家、と覚えておいてもらうと嬉しいです。

ブログ文章の色・装飾の超基本-補色を使う

ブログ文章の色・装飾の超基本としては、ブログのメインカラー(見出し)の反対色の補色を使います。

基本的には人は一定の色を見続けると、その反対色の補色を探すようになっており、その原理を利用する形です。

ブログ写真の統一感を出しつつもアイキャッチの目を引くためには文字の色を反対色・補色に使うが、何故なのかが分かる医者の手術服の例の画像
何故、医者の手術服は緑色や青色なのか?…

例えば、↑の画像のように医者の手術服は緑色や青色になっていることがほとんどです。

医者は手術で赤色の血を見続けるので、赤色の反対の補色でもある、緑や青の残像が見えてしまい手術の邪魔になります。

その為、補色である緑色や青色の手術服を着るわけです。

補色に関しては、下記の色相環図が役に立つので、ブログのメイン色の反対の色(補色)が分かると思います。。

ブログ写真の統一感を出しつつもアイキャッチの目を引くためには文字の色を反対色・補色にを使うその際に使える色相環図の画像
ブログ文章の文字の色は色相環図を参考に反対色・補色を使うようにする
ブログの見出しの色ブログの文字装飾の色
青→オレンジか黄色
水色→黄色か赤
ライトブルー→赤色かオレンジ
黄緑→紫か赤色など…

例えば、僕のブログの見出しなどのメイン色はブルー系(ブルーグレー)の色を使っています。

なので、基本的には青色系の補色でもある、赤色、オレンジ、黄色などが文字装飾には適しているわけです。

その為、↑の”ブログのメインカラーの反対色の補色を使います。”で赤色に装飾していることが分かると思います(赤色を選んでいるのは好み)。

なるべく補色の補色も文字装飾に使う

なお、一応、ブルー系の補色とは何ら関係のない緑色も、ブログ内の文字装飾で使っています。

ブログで緑色の文字装飾を行っている例の画像
現代広告の心理技術101のレビュー記事より引用

何故、緑色を使っているかと言うと、ブログが読みにくくなる(可読性が下がる)原因にもなるからです。

緑色は赤色の補色ですが、先ほども説明している補色の原理からすると、赤色の反対色の緑色の残像でブログの可読性が下がるので、赤色の補色でもある緑色を使っているわけです。

もちろん、赤色に装飾した文字の近くにブルー系の見出しの色があれば緑色の文字装飾はしませんが、ない場合には、多少、強調できるかなぁという文章に緑色の文字装飾をするようにしてるような形。

なので、ブログの文字色装飾は、ブログの見出しなどのメインの反対の補色、そしてその補色の補色を使うようなルールを持っておくと便利だと思います。

ブログ文章の色・装飾-WEBで有名なあの人の場合

なお、ブログ文章の色・装飾で参考になるWEBで有名な人もいて、その人のサイトの文章の色の文字装飾も役立ちます。

その人と言うのは、ウェブライダーの松尾茂起氏がやっている文字装飾法です。※ウェブライダーはブログアフィリエイトしている人が使っている賢威 バナープラス 文賢などを販売している。

実際に、以下のブログの画像キャプチャを撮ったので見てください。

ウェブライダーの松尾茂起のブログの文字色の装飾法の例の画像
参照URL:箱ワインのオススメ7選

使っている文字装飾は、緑、赤、オレンジの3種類ですが、実はこの3種類の色には、以下のような意味がしっかりと込められています(他の色の文字装飾の意味もリストアップ)。

  • オレンジ→肯定
  • 赤→否定
  • 青→肯定
  • 緑→例
  • 紫→例
  • ピンク→例

実際に、以下に文章を抽出してみました。

酒屋などで見かける箱に入ったワインは、「箱ワイン」や「ボックスワイン」「バッグインボックス」などと呼ばれています。
あなたは、そんな箱ワインを飲んだことがありますか?~

「安いだけに美味しくなさそう・・・」
「箱ワインみたいな大容量だと飲みきれないのでは・・・?」~

また、箱ワインの一番の特長は、開栓してからも3週間から1ヶ月は変わらずずっと美味しく飲めること。
瓶タイプだと数日で味が変わってしまうので、長期間楽しめるのはとても嬉しいメリットですよね。

引用元: 高コスパな箱ワイン(ボックスワイン)の魅力に迫る!箱ワインのオススメ7選 – 美味しいワイン

それぞれ、色付けしたところを見ると分かると思いますが、緑色は名称の例、赤色は否定的な文章、オレンジ色は肯定的な文章になっているのが分かると思います。

なお、この松尾茂起氏の文字装飾法については僕が勝手に分析して言っているわけではありません。

元々、賢威のバージョン6の時代にワードプレスプラグインのアドクイックタグの松尾エディションとして、この文字装飾法は配布されていました。

ワードプレスに残っているアドクイックタグ松尾エディションの画像
多少のカスタマイズが入っていますが、アドクイックタグの松尾エディション

特に、この松尾エディションについては、松尾氏本人から何かアナウンスがあるわけではありません。

※もしかしたら、有料講座かなんかで説明しているのかもしれませんが、僕はウェブライダー主催の講座やセミナーには行ったことはありません。

ただ、個人的には、この文字装飾はアフィリエイトリンクが目立たなくなってしまうので、僕は今は活用していない形です。

なので、参考程度に知っておく感じで良いと思います。

基本的には、↑で教えている補色を意識した文章の文字色の装飾をオススメです。

ブログ文章の色・装飾-稼ぐための使い方【超重要】

ブログ文章の色・装飾は稼ぐための使い方もあります。

基本は、以下2点を意識するようにしましょう。

  • ベネフィット・誘導する言葉に対して文字の色・装飾を行う
  • アフィリエイトリンクが目に付くように文字装飾を行う

まずは、商品のベネフィット・商品へ誘導する言葉に対して文字の色・装飾を行うことが非常に重要です。

例えば、ベネフィットの例として、以下の文章に文字装飾する場合は、どこ文字装飾すれば良いか分かりますか?

この「はなかっぱ こどもフルーツ青汁」は水・牛乳で50mlの量で飲めるので、お子さんも残さずにちゃんと全部美味しく飲み干すことが出来ます。

※通常の大人向けの青汁だと最低でも70ml。多いので100mlで溶かすタイプもあり。

この場合は、商品を使うことで得られる効果(ベネフィット※)について書いている文章なので、以下のように色の文字装飾を行います。

※ここでのベネフィットは、お子さんが青汁をすべて飲んでくれるというベネフィット。

この「はなかっぱ こどもフルーツ青汁」は水・牛乳で50mlの量で飲めるので、お子さんも残さずにちゃんと全部美味しく飲み干すことが出来ます。

※通常の大人向けの青汁だと最低でも70ml。多いので100mlで溶かすタイプもあり。

ベネフィットや誘導する言葉に文字装飾することは、アフィリエイトリンクや決済リンクの橋渡しになるようなイメージを持っておくと良いでしょう。

アフィリエイトリンクが目に付くように文字装飾を行う

そして、次にアフィリエイトリンクが目に付くように文字装飾を行う方法です。

簡単に言えば、↑で散々説明している補色の原理を活用します。

この「はなかっぱ こどもフルーツ青汁」は水・牛乳で50mlの量で飲めるので、お子さんも残さずにちゃんと全部美味しく飲み干すことが出来ます。

なので、今までの青汁だと、どうしてもお子さんが飲み残してしまうなら、無料サンプルをまずは試してみてから、定期購入する形でもいいと思います。

はなかっぱ こどもフルーツ青汁の公式サイト

このように赤色の補色である青を探す原理を使って、青色のアフィリエイトリンクに目が行くように装飾しています。

注意点としては、周辺に他の色を使わないことです。僕は赤の補色として緑色の文字装飾を行っていますが、青色のアフィリエイトリンクの近くには赤色だけの文字装飾を行うようにしています。

緑色の文字があると、そちらに目が行ってしまいますからね…

というわけで、ブログ文章の色・装飾の超基本と”稼ぐ”ための活用法でした。

なお、ブログ文章の色・装飾が気になる方は、消費者が好む色も必ず知っておきましょう。

アメリカのある広告調査では、以下のような色の順番で好まれているという調査結果が出ています。

  1. オレンジ
  2. 黄色

なので、こういった消費者が好む色などの調査結果なども考慮しつつ、ブログ文章の色・装飾を行っていくようにもしてください。

詳しくは「現代広告の心理技術101」という、ブログアフィリエイトで稼いでいる人は当たり前に持っている有名な書籍に詳細が載っています。

ブログ写真の統一感を出す際には消費者が好む色を使う。消費者が好む色のノウハウが書かれている現代広告の心理技術101のP306の画像
さらに年齢別の好む色の調査も載っている(P306~)

また、最も好まれる色の組み合わせについてもP308に書かれているので、あなたのブログにノウハウを反映させましょう。

現代広告の心理技術101公式サイト

Pocket
LINEで送る